シーリング

■ シーリングってどの部分? 必要性は?

シーリングとは、外壁の隙間にあるゴム状の素材のこと。
隙間をふさいだり、クッションの役割を果たします。

建物の防水において、シーリングの定期的なメンテナンスは必要不可欠。
なぜなら、一般的にはサイディング外壁やサッシまわりの接合部で用いられることが多く、雨漏りや浸水を防ぐ役割があるからです。

そのシーリングにひび割れ・ちぎれ・はがれが生じると、塗膜の劣化や建物の骨組部分の腐食に繋がり、大規模な補修工事が必要になることも。
「シール部分が劣化しているだけ」と油断せずに早めに修繕していくことが大切です。

■ ご対応可能なシーリング工事の種類

○新築工事

建物新築のシーリング材を打つ工事

○打ち替え

既存のシーリングを全て撤去し、新しいシーリング材を打つ工事

○打ち増し

既存のシーリング材の上にシーリング材を足して打つ工事

打ち増しは打ち替えに比べて施工がお手軽にでき、材料費も安く済みますが、あくまで応急処置的な工事。
新しく打ったところで、その下には劣化したシーリングがあるからです。
せっかくシーリング工事をするのであれば、打ち増しではなく、打ち替えをおすすめします。

■ 株式会社TAGで外壁職人として一緒に働きませんか?

ありがたいことに、当社はさまざまな元請様方から多くの仕事をいただいております。
そのため、仕事量は安定しており、「仕事がなくなるのではないか?」という不安を抱えることなく業務に打ち込むことができます。

これからは手に職をつける時代。
当社で働いて、外壁職人として一生ものの職人技術を身につけてみませんか?

求人特集はコチラ>>

【担当者直通】 090-9861-7531
【事務所番号】 075-632-9196
【営業時間】 8:00~20:00
【定休日】 日曜日
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 京都府を中心に関西一円

一覧ページに戻る